BLOGブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(後篇)

簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(前篇)簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(中篇)の続きです。

今回は、Cloud9で実際にコードを書いて動作検証を行ってみます。

PHPで環境変数の取得

前回から引き続き、「PHP,Apache & MySQL」のワークスペースを構築した環境で作業を行います。

今回は、phpで環境変数を取得してみます。

そのために、新規ファイルを作成してコードを書いて行きますが、新規ファイル作成方法としてCloud9では3種類用意されています。

まず、プロジェクトのところで右クリックをして、表示されたメニューの「New File」をクリックする方法。

Cloud9 New File

上部メニューから「File」の「New File」をクリックして新規ファイルを作成する方法。

Cloud9 New File Menu Add

コードを表示するメイン画面の上部にある、タブの「+」をクリックして「New File」を開き、新規ファイルを作成する方法。

Cloud9 New File Plus Add

このどれかを使い、新規ファイルが開いたら、phpinfo()で環境変数を吐き出すコードを書きます。

Cloud9 環境変数を取得するPHP

index.phpとして、ファイルを保存。

Cloud9 index.phpを保存

index.phpが追加されました。

Cloud9 ファイルが追加

ここで、上部メニューの「Preview」をクリックすると、「Raw Content of index.php」と「Preview Running Application」が開きますので、下にある「Preview Running Application」をクリック。

Cloud9 プレビューを起動

環境変数が、吐き出されました。

Cloud9 環境変数の表示

表示されているURLを、ChromeやFirefox等に入れてみてもちゃんと表示がされました。

MySQLの起動と終了

MySQLは、下部にあるコマンドエリアで、以下のコマンドを入力することで起動・停止ができます。

DB名はc9、DBユーザー名は$C9_USER、パスワードはなし、というように設定は固定となっています。

Cloud9:Setting Up MySQL

もちろん、phpMyadminをインストールする事もできます。

Cloud9:Setting Up PHPMyAdmin

作業の終了方法

とりあえず、PHPが動くところまでをやりましたが、作業を中断する場合には「File」から「Save」を行ってから、上部メニューの「Cloud9」から「Quit Cloud9」を選んでクリックすると、ワークスペース画面に切り替わります。

Cloud9 Quit

ただし、Apacheを止めずに「Quit Cloud9」を行うと常時サーバが動いた状態になりますので、必要がなければApacheを止めてから「Quit Cloud9」をする方がいいと思います。

簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(前篇)簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(中篇)簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(後篇)と3回に渡ってCloud9でのプログラミン環境構築について解説してきました。

このように、Cloud9を使うと、かなり簡単に開発環境が構築できますので、一度アカウントを取得してみてはいかがでしょうか?

簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(前篇)
簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(中篇)
簡単にプログラミング環境が構築できる「Cloud9」の始め方(後篇)

ランキング

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

RSS